鉄道6路線27駅が利用可能! 電車で東京・横浜どちらにも楽々アクセス

都心のベッドタウンとしての側面も持つ藤沢市は、アクセスの良さも自慢。市内を走る鉄道路線は、JR、小田急、相鉄、江ノ電、横浜市営地下鉄、湘南モノレールと6路線があり、そのうち小田急江ノ島線は藤沢駅が始発です。新宿まではなんと最速52分! また、相鉄いずみ野線、横浜市営地下鉄ブルーラインは湘南台駅が始発で、横浜駅まで乗り換えなしで行くことができます。通勤にも通学にも、そして休日のお出かけにもとっても便利です!

今ならシェアハウス先行予約で最大54,000円割引中です。詳しくはこちらから

藤沢の魅力について

南部を相模湾と接する藤沢市は、湘南エリアの中心地として親しまれています。穏やかな気候と自然環境が共存する過ごしやすいまちであり、人口が多いエリアとしても知られています。ビーチバレー発祥の地としても知られる藤沢市は、観光スポットやレジャースポットに恵まれ、多くの観光客が訪れる人気のエリアです。

今ならシェアハウス先行予約で最大54,000円割引中です。詳しくはこちらから

ショッピングがかなり充実した街 藤沢市からシェアハウスを

以前からあった湘南モールフィルとMrMax湘南藤沢ショッピングセンターに加えて2011年にはテラスモール湘南、2014年には湘南T-SITEが新しく開業し、湘南では少ないショッピングモールが辻堂周辺に集まっています。
湘南で次に大きなショッピングモールは大船のホームセンターコーナンか平塚のOSC湘南シティでしょうか。
ショッピング – 格安スーパー、大型ショッピングセンター、ホームセンターがかなり充実しています。

今なら先行予約で最大54,000円割引中です。詳しくはこちらから

東海道五十三次の6番目の宿場でもあった街 藤沢からシェアハウスを

現在の海岸に沿って4kmほど内陸に国道1号線が走っており、江戸時代よりもっと以前から京と江戸を結ぶ日本の主要な道として使われてきた道です。
それが五街道として「東海道」に指定された際、藤沢は藤沢宿として宿場のひとつに指定されました。
藤沢本町と藤沢駅の周辺には今でも蔵造りの建物やお墓、道標が残っています。

東海道五十三次の6番目の宿場でもあった街それが藤沢市なんです。
ちょっとだけ住んでみたいなんて思われた方など是非見学にいきてください。

今なら先行予約で最大54,000円割引中です。詳しくはこちらから

シェアハウスを暮らしやすい街ランキング1位の藤沢市から

辻堂・鵠沼地域では海岸に面しており、最も内陸側の街「長後」からでも車で30分で海に行くことができます。

また、藤沢市には神奈川県立の公園を含む、半日〜1日遊べる大きな公園がたくさんあります。車で10〜20分の距離に約8箇所ほどありますので、休日はどこへ行くか迷うほど。
中でも引地川親水公園は緑やアスレチックはもとより湿地帯に昆虫やカエルが住んでいる、自然そのものが保存されている貴重な公園です。

ちょっとだけ住んでみたいなんて思われたら一度シェアハウスからなんてこともできます。
今なら先行予約で最大54,000円割引中です。詳しくはこちらから

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !